スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

【凶葛】―――――――


 九月一日。
 私は一つ息を吐く。
「失敗した」
 声にならない声がする。
「なんてことだ、こんな結末になるなんて」
 私の口で『私』が嘯く。
「尻切れトンボ、連載打ち切り、路頭に迷う、信用の下落――いやはや、なんてことだろう」

「結局、何も果たされない――なんて、絶望的な終わり方だ」
 心の底から、『私』は悲哀(かんき)の声を上げた。



 そもそもの話。
 信田華葉という私がどこから始まったのかと訊かれれば、「よく覚えていない」という答えしか返せない。
 自分のことなのに。
 自分のことだからこそ。

 それは幼少期の話であり、それは少年期の話であり、それは青年期の話であり、それは社会人の話であり、それは犯罪者の話である。
 等しく私であり、等しく善良であり、等しく邪悪であった。
 私には過去も未来もなく、あるのはただ現在のみである。
 さりとてこうしている間にもコンマ秒は過ぎていき、現在という定位置は存在しない。
 ゼロは過去でイチは未来、イマはどこにもない。そんな歌もあったが、はてこれは一体どこの分野の話になるだろう。物理学、心理学、哲学、数学、あるいは民俗学か。
 それを論じる学は私になく、この話に全く意味などない。私の言葉に意味も思想も感情も存在しない。

 要するに無価値ということである。

 謙遜でも自虐でもなく、極めて自然体に、私は私のことを無価値だと判定している。

 ――自分には何もないから、軽々しく犯罪に手を染めたのか。

 おっと、しまった。そんな方向に紐付けられるとは。
 そうではないんだよ。
 そんな前向きに破滅しようと思ったから始めたわけではない。
 いや、そもそも私は犯罪者なのか?
 単に道行く人の話を聞いていたら、その後たまたまその人が自爆していっただけなのでは?

 うん、うん。
 分かっている。
 『聖女』に協力した時点でアウトだと言いたいのだろう?
 自分で言ってから気づいたよ。
 なんてことだ。忘れてた。

 そうそう、別に私は『聖女』に同調したわけでもなんでもない。
 ただあの時の私にとって手頃な組織が『聖女』だったというだけの話だ。

 そう。とりあえず敵対認定されておきたかったんだ。

 ――だから、唆したのか。

 あれ? いや、君は自発的に突っ込んだだけじゃなかったっけ?
 まあいいか。
 適当に犯罪者の後ろを歩いて、意味深なセリフを呟いて、そうしておけば『それっぽい』だろう?

 生駒くんなんかは典型例――というか、うん、彼はなんというか――ほんと、私を何だと思っていたのかな、彼は。
 勝手に人のことを自分の宗教の主神に据えていた節があるからね。
 結局の所、彼の絶対的なまでの『正義』への信奉は、彼自身の強さでしかなかったというのに。

 折原さんは――いや、まさかあんなエヴォルトをするとは正直想定外だったんだけど。
 想定なんていつもしていないから、内も外もないんだけど。
 繊細チンピラって言葉は言い得て妙だと思うけど、アレはやりすぎだ。
 好きなものは『嫌い』だなんて、ひねくれ根性にもほどがある。


 ……え? 他の案件?
 誰がいたっけ……。
 正直覚えてないんだよね。
 その日一日誰と会話したかなんて、いちいち覚えるのもばからしいだろう?

 あー、日常会話と無縁な人のことは考えないこととして。

 どうして君たちを引き取ったなんていうのも――正直、タイムリープして当時の私に訊いてくれとしか。
 だって、覚えてないんだから。



 くるくる回る。
 詭弁が。
 妄言が。
 戯言が。
 虚言が。

 まるで飛蚊症だ。網膜に映り込む虫の影みたいに、まとわりついて離れない。
 意味なんてない。だのに病んでいる。
 言葉は無差別なウィルスとなって、正と狂の境目を惑わせる。

「特に理由はない、それだけだよ」
 がらがらと鳴り響く。
「だって、『何も考えてない』んだから」
 思考の八割を埋め尽くす、意味をなさない言語の群れ。
「適当なことを言って、適当な表情を浮かべて、適当に背中を押す。私がやったのはそれだけだ」
 悪意を持って、悪意を浮かべて、悪意を持ってブレーキを壊す。お前がやったのはそれだ。
「そうは言われても、私に自覚はないんだから困ったものなんだよね。普通に会話しているだけなのに」
 ああ、痛い、痛い。
 喉が痛い。
 水も飲まずに喋り続ければ、それは声帯を痛めるだろう。

「思えば、君はまっとうな意味で強かったよね」
 水、水はどこだっけ。
「自らの意思で復讐をなし――いや、妹さんに唆されたんだっけ? でも実行に移せた時点で素晴らしい」
 でもここは廃屋で、水道なんて通ってなくて、ペットボトルは確か昨日、
「君の復讐は影響を及ぼし、二次災害まで引き起こした。他の誰にも出来なかったことだ。それだけの強さがあったから、君はまだこうして生きている」
 止まらない。止めたいのに止まってくれない。

 喉が、痛い。だのに舌はもつれることなく、饒舌に回り続けて、

「――ああ、残念だ。君には茅原を襲ってもらうというプランがあったのに、それすらも止めてしまったんだね。生駒君の焼き直しを恐れたのかな。――案外、君は『説得出来る』『エネミー』だったかもしれないのに」
 鞄、私の、鞄。
「まあ、過ぎたことは仕方がない。それは君の自由意志であり、強さだ。誇っていいんじゃないかな」

 やめてよ、やめてよ、やめてよ。

「――それにしても残念だ」
 お願いだから、
「君はきっと」
 その口癖を、
「『いい経験値』になったろうにね」
 もうやめてよ――!

 お願いだから、私たちは『誰か』のための踏み台にしか過ぎなかったなんて、そんなふざけたことを言わないでよ――!
「効率よく稼ぐためには、コモンカードを集めて食わせる。それと同じ事だよね」
 『私の口』で、そんな、人でなしのことを言わないでよう――!

「――ああ、まったく。この世界には、汚いものが多すぎる」
 『もうとっくに***くせに』――!



 九月五日。
 空き家から異臭がするという通報を受け、警察が調査したところ、刃物で喉を突いたとおぼしき女性の死体を発見した。
 遺留品および司法解剖の結果、逃亡中である指名手配犯「喜屋武貴梨子」であると断定。現場に戦闘の痕跡がないことから自殺と見られる。
 担当である久遠ヶ原学園の調査部に引き継ぎ、本件を終了する。


 信田華葉の行方は引き続き捜査中。
スポンサーサイト
続きを読む
22 : 10 : 27 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

Tooth and Crow (2)


 前の記事で「アゴールニンズ」を語ったら本題に辿り着けなかったので。

 古本なら手に入ると思いますし、何かしら人気が出たら復刊ドットコムとか、電子書籍とか……。
 うーん……。



続きを読む
01 : 00 : 13 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

Tooth And Crow (1)

 ブログを書くほどのこと……は色々あるんですが、Twitterがあれば満足してしまうというか、そんな余裕がないというか。
 曲がりなりにもまともな社会人らしい生活にも慣れてきたかなあと思ったらそろそろ1年ですってよ。
 毒にも薬にもならない意識高い系フリーターワナビの頃が思い出せない。それより前は思い出したくもない。
 むしろあの頃はなんであんな時間あったくせに何も生産も清算もできなかったのか。

 そんな感じでTwitterでくだを巻くのも控えめになり、何か強い感動を覚えたとしてもそっちで満足。
 ところが、久しぶりに日記を書くほどのパトスがやってきたのです。

 ……いや、やってきてしまったのです。


 ほら、たまにあるじゃないですか。
 アニメや漫画で人気キャラが死んで、ネット上でお葬式状態になるやつ。

 私はそれにあんまり縁がなく、大抵は「ああ、こういうプロットだから死んだのか」みたいに受け止められるのです、

 が、

 今 とても つらい。

続きを読む
23 : 30 : 07 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2016年

 ブログを持つことの意味 #とは
 自分の宣伝が必要になったら……という感じでしょう。
 備忘録とかもの申す的なアレはtwitterで済むからね。

 ホームページについてはもうHTMLいじるのがめんどくさいので別にいいかなって。
 サーバーについてはどどんとふに使えるので維持しますが。


 今年もあと一週間ですね。
 色々ありました。

 就職したとか。
 ネタではなくマジで。
 ワナビフリーターのワーキングプアから、ワナビ会社員へランクアップ。ようやっと人並みになれるかも。

 5月。とあるオフ会で障害者雇用制度を教えてもらう
 6月。手帳を取得
 7月。ハロワに登録
 8月。履歴書送付・面接
 9月。内定。バイトの引き継ぎ等々
 10月。クラスチェンジ

 改めてとんとん拍子ですね。
 去年もいい年だったと締めくくった気がしますが、この二年でだいぶ人間としてのリカバリーができるところまで戻れた気がします。

 まあ、制度を教えてくれた人がネットストーカー罪で追放されてたというオチがこの間付いていたことを知ったんですが、それも含めて笑い話。lol。

 あ、まともにお金あるんで今年も冬コミ行きます。
 こういうことも今後出来るようになるのかな。
 その前に社会のボトムズとして積み上げた負債を返していくことからですが。
 税金とか。ガチャとか。ガチャとか。ガチャとか。嫁のケモちゃんズ代とか(フルボッコヒーローズの話)


 あと今年は色々エンターテイメントを楽しめた年でもあって、特に映画ゲーム

 どちらも今年は当たり年と言われていますが、私もいい加減いい歳なので「話題になっているものはそれだけ受け入れられるものなのだから、流行には乗ろう。積極的に吸収しよう」というスタンスに変更。
 元々映画を見る習慣(とお金)がなかったので少ないものですが、超話題作的なものは押さえました。

・ズートピア
 (鑑賞前)ディズニー映画ァ……? > (後)ズートピアはいいぞ。
 ケモナーだからではありません。造形自体はストライクゾーン外だけどこれについては長くなるし不毛なので割愛。
 twitterのTLがとにかく盛り上がっているので、どっこいしょと腰を動かしてみたら、これがまたビックリ。
 この映画自体がハイクオリティの塊と言われていますが、私が一番心に残ったのはシナリオ。世界観、展開、伏線、テーマ。全部が高水準で、一つの理想型。
 子供が見ても楽しいし、大人が見ても唸らされる。すごい映画でした。

・シン・ゴジラ
 マフィア梶田が出るらしいぞ。ヘヴィーなアニゲラリスナーである以上は見に行かねば(使命感
 「実写嫌い」を公言してはばからない私でしたが、そこは去年の「掟上今日子の備忘録」ドラマ版で「あ、ちゃんとしたやつなら見れる」とある程度克服。トライしてみました。
 感想。「なんかすごいものをみた」。以上。
 色々考察とかも出来るんでしょうけど、それ以上に「キャラクターとしてのゴジラ」としての価値観がぶっ壊されて「災厄としてのゴジラ」を植え付けられた。そしてそれに立ち向かう地道な人間達の努力、というかなんというか。
 お金と時間の都合で二回目ならず。


 「君の名は。」も見ましたし行った価値はありましたが、ちょうど就職したばっかりで余裕がない頃だったので感想は割愛。
 傷物語鉄血編も同様……。


 ゲームの話。
 今年も色々ありました……というより名作が短期スパンでばしばし出てくる恐ろしい年じゃった。

・ペルソナ5
 買ったよ! このために! PS4を!
 1ヶ月遅れになったけど、就職したお陰で買えたんだよ!!
 10月~11月にかけてちまちまプレイ。アフターファイブを怪盗団として消化する毎日。

「ええい先が気になる。やり込み要素とかは二週目だ! とにかくシナリオを、シナリオを!(モブ会話とかコープ活動の効率化とかガン無視)」
 というプレイスタイルで1ヶ月かかった。諸々すっとばしても100時間弱。もちろん最後はぶっ通し、夜更かししてまでクリアした。

 このゲームに対して「今の日本がここまで壊れていなければ、このゲームは生まれなかった」というレビューがすごい好き。どこで見たかはちょっと忘れちゃったのですが。
 私の書きたいお話にも近い……というより先を越された感。早く形にしなきゃなあと思ったのでした。

ポケモンサン・ムーン
 最高傑作。XY、ORASをぶん投げた身としてはこんな評価を。
 煩わしい要素を全部取っ払ったユーザービリティ溢れる改善のラッシュ、いい意味でポケモンらしくないシナリオの見せ方、魅力的なキャラクターたち。
 殿堂入りはしたのでこれから厳選だーって感じです。そういった諸々はゆっくりやりたい……のだが1月にはダンガンロンパV3が迫っている。

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
 デレステ。正確には去年からのゲームですが……
 今年は友達に誘われて、4thライブ神戸1・2日目を現地、SSA1・2日目をライブビューイングしたのでした。それがきっかけ。
 モバマスは投げましたが、デレステは「これがスマホゲー……なのか……?」という感じで実に楽しい。オリジナル曲もクオリティ高いし。


 ふう。
 来年はもっとステップアップできるといいなあとかなんとか。具体的にはいい加減作品を書き上げるとか。
 去年からのお仕事で書いているは書いているんですけどね。
 長編小説を、しっかりと。
 うちのこに、理想のCVを付けるために。(えー
21 : 57 : 48 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ぼこらじ。

 フルボッコヒーローズをずっと続けていて、このために機種変更したんだからーとか言いつつ。ソシャゲはいかんせんディテールが細かすぎて二次創作もままならぬ。
 私の画力はそういう風に振ってないというか、字書きだからァ!(逆ギレ)みたいな感じです。

 フルボッコヒーローズはコラボじゃないとCV入ってないんですが、たまにこの子はこの声がいいなー的な話をしています。
 ケモユニ限定で。
 というより私のボックスにはケモユニ(とちょっとのドラゴン)しか入っていない。その他は即売却だ!!!

フェンリル中村
 「ヒャッハー!」って言ってるから「フェンリルは中村ね!」という所から始まって、

スコル安元
 「じゃあスコルは安元だね!」という方向へ落ち着く。ちなみにケルベロスは杉田です。
 そんなバカ話をTwitterでし続けた結果、ぶるらじでコラっちゃおうぜという話になったようなならなかったような。

ハティみん
 こんばんはてぃみん。マーナちゃんはみゆきちのつもりですがみゆきちはぶるらじに来ていないのだった。アルカナ回でコメントはあったけど。

妲キング
 チアキングも最近来てないですね。妲己ちゃんはチアキングがいいなあって思うのです。
 フレキンゴスとゲリンドム。

ゆかなせっとん
 ゆかなせっとん。ほんとディテール細かすぎて無理って思いました。

カトちゃんぺ
 カトちゃんペ。すみぺはブレイブルーにもギルティギアにも関係無いんですよねいまんところね。


 気が向いたときに描いてますが、反応はとても悪いのでほんとなんかこう、継続って大事だなと思いました。


 ああ、広告消しですもちろん。
12 : 27 : 31 | フルボッコヒーローズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

ナナヤ

Author:ナナヤ
メインサイト「Indigoblue」
ケモナーのワナビ。
あっちこっちジャンルをふらふらしてる。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (27)
雑記 (2)
レビュー (6)
CoC (2)
ゆうやけこやけ (1)
アイドルマスター (4)
ペルソナ (3)
パラノイア (2)
ログ・ホライズン (5)
フルボッコヒーローズ (2)
Chaos;Child (3)
ポケダン (2)
モンハン (5)
セブンスドラゴン (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。